現金化を目的として列車の旅券等をたくさん購買する・・・クレジットカードのキャッシュ化サービスというもの使わずに、利用者自身が現金化する目的でクレカで購入するということも同じです。お金に変えるということを意図したクレジットショッピングというものは、クレジットの違反扱いになってしまうためです。多量の新幹線等の切符・切手販売などでの利用をすると、時として換金する目的じゃないか?というようにマークされる場合などもあり得るため配慮が必要なのです。付け加えると、利用時点でキャシング額の方がいっぱいとなってしまっているケースでは、新幹線の乗車券などを決済しようとするだけでもクレジット発行会社により電話が来てしまうこともあるためお金がない時のカード決済については不可能にされてしまうと思われます。お金に余裕が無い場合にする手段は皆同じなのだろう。カードの発行会社の立場からみて不都合な使用法をしてしまう・・・以前に流行していた『永久不滅』といったカードの発行会社に利益になることのない不当な決済を行うと、クレジットの会社によって強制退会という処理がされる事例がある。Web上で出ていた購入ポイントの不正な搾取等世の中に流通していない手段というものが存在してもこれらの情報については絶対にカードのルールに反する行為になるので絶対使用しないようにして頂きたい。強制退会に関するカード情報は他のカード会社も知りうる)カードを強制没収させられてしまったとしても、他のクレジットというのは利用可能のだから、少しなら問題ない??と考えているあなたは、昨今の情報化社会にあっては命取りになる心配もあるでしょう。なぜなら、強制没収扱いとなるケースの場合になるとクレジットカード各社から問い合わせ出来る情報機関へそれらの契約情報が上書きされてしまうので、社会的信用がなくなってしまう事態もあるのです。所有しているたった1枚ですら強制退会扱いとなると以後カードですら作りにくくなってしまいますしともすると今所有しているクレジットカードを没収になる事態もなくはないでしょう。強制退会は免れて継続使用できる場合も有効期限切れと同時に継続できなくなると思われる。とにかくくどいほど述べたように失効という扱いになるような利用は絶対なさることのないように、クレジットカードを利用してほしいと考えています。