遠まわしに使うクレジットカード使用の方法は容易です。クレジットによってそのまま買えない販売品を直接支払うという事ではなく、遠まわしにする方がより得策です。解説が簡単という理由で最初にギフト券の事例を使って解説してみたいと思っています。モデルになる人が素晴らしいアクセサリーを購入したいとそれを見ているとします。カバンを置いている所では購入したくてもクレジット払いが無理です。でもJCB、Diners clubなどの金券を使えば購入を認めてくれるといいます。なのである女性はクレジットカードで商品券を発注してギフトカードを売っている店におもむきクレジットカードを活用してMasterCard、NICOSなどのギフトカードを買い取りするとします。使用したクレジットカードを利用して買い取ったJCB、Diners clubなどの商品券を売店に携えていき、購入したかった素晴らしいカバンを買い取ったとします。「なぜ人物はそのような手間をとらせる手続きをするべきなの?」と思われる事もあるかもしれませんが実を言えば解説した方法を利用するのだったらでは獲得する事はないクレジットポイントが手に入れられます。普通、直接お金を払う事で価値のあるカバンを注文したとした場合ポイントはもらえませんし、VISA、MasterCard、NICOSなどの券を現金で注文した上で用いても獲得できません。一方この状況だとJCB、American Express、Diners clubなどのギフト券をカードで取り寄せしたため有名な銘柄のカバンを取り寄せした時と同じような量のカードポイントが獲得できるという事なのです。こういう状態が段階を踏んでローンを活用した事になるという理由で直接でないクレジットカードと名づけられた手順です。