カード利用料の支払いの遅れがよくある)振り替えについて踏み倒しをしてしまわずともクレジット請求金額の引き落とし日時点において預金残高が不足しているためカード代金口座引き落としが不可能というケースが何度も発生してしまっているような場合には、カード会社が『ずっと債務過多であるようだ』というように予想してしまうために失効ということになってしまう場合もあります。手持ちは問題なくあるがついついうっかり振り替えできない状態となってしまった・・・ことを続けられても、カードの発行会社の視点で見れば信頼の置けないクレジット契約者という扱いになる恐れがあるために、他社からの借入をしているかそうでないかということにかかわらず強制失効になるケースも事実としてあるので気をつけましょう。ズボラな会員への評価というものはどうしても良くはないのですから。加えて、少なからずこんな料金の引き落としがされないケースが発生しますと、クレジットの利用期限まで使えてもその次の利用更新が不可となるケースということもあります。重要なことであると理解して、支払日に関してはどんなことがあっても記憶するようにしてください。クレジット現金化等を利用してしまう》クレジットカードのキャッシング利用枠がすでに足りなくて、これ以上消費者金融から現金を借りられない場合にクレカ現金化とと呼ばれるカードのショッピング枠を現金に変える手段などを使用するとそのことだけでクレジットが失効となるケースもあるようです。クレジット会社はカード規約にて換金目的のクレジットカードの使用について許容していないのでクレジットを現金化する利用=ルール違反=没収になったとしてもおかしい話ではないのです。深く考えずに経済状況が厳しいからといって現金化を使ってしまうと、分割払いの残りについて全額請求というものを頂いてしまう例がありますので、使用しないようにしていただきたいです。